今さら聞けないWEB基礎知識-CSSとは-

極端な話…HTMLさえわかっていれば、ブログの記事に色づけ出来たり、簡単なウェブサイトやホームページって作れちゃうんです。

が、HTMLだけでは出来ないこともあります。そこで、HTMLに次いで重要になってくるのがCSS。

CSSとは?

CSSとは【Cascading Style Sheets(カスケーディングスタイルシート)】の略で、一般的には「シーエスエス」とか「スタイルシート」と呼ばれています。

HTMLと組み合わせて使用する言語なわけですが、果たして何がどう違うのかを説明してみたいと思います。

CSSの役割

HTMLは「ウェブページ内の各要素(「文字」とか「見出し」とか「画像」とか「表」とか)の情報構造を形作るもの」というのに対し、CSSは「ウェブページ内の各要素(「文字」とか「見出し」とか「画像」とか「表」とか)に装飾を施したり、ウェブページ全体のレイアウトを整えたりするもの」です。

つまりCSSはウェブページ内の「デザイン担当」というイメージだとわかりやすいかもしれませんね◎

しかしこのCSS、はっきり言ってビギナーが初めてHTMLを学ぶよりも、難易度はやや高いかもしれません。実はわたしもウェブデザインを始めたころ、何度かCSSのお勉強に挫折して、むりやりHTMLだけでウェブサイトを作っていたりしましたww

IDだのCLASSだの、最初はどうしても違いを理解出来なかったり…(ID、CLASSの意味はここでいきなり説明をはじめると混乱するので、今回は割愛しますw)でも、一度理解できてしまえば「うわ、CSSってこんな便利なんだ☆」となります◎

今日はCSSについて、なんとなく「へぇ~そんなものがあるのか」っていうことが理解できれば充分です。

次回からはついに、HTMLやCSSについてさらに掘り下げた記事を書いていこうと思います♬