今さら聞けないWEB基礎知識-HTMLとは-

ウェブページを構成する様々な言語。すっごくたくさんあるのですが、まずはここを理解しておかないとってことで…一番重要なHTMLについて。

HTMLとは?

「”HTML(エイチティエムエル)”ってよく聞くけど、正直何のことなのかわからないw」…という方、意外と多いのではないでしょうか?

HTMLは【Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)】の略で、ウェブページを作成するために開発されたマークアップ言語のひとつです。

はい。早速「マークアップ」という専門用語が出てきちゃいましたねww

マークアップとは?

インターネット上でウェブページを表現する際に『タグ』と呼ばれる”目印”を用いて、文字書体や色などの装飾・見出し・リンク・画像などの情報をコンピューターに正しく認識させることです。

タグって何だ??という方へ

例えばよく見るものだと…

この文字を赤にしたいなぁ

っていうときに

この文字を赤にしたいなぁ

こうするために使う目印のことです。

ちなみに、どうやっているかというと

<font color=”#FF0000″>この文字を赤にしたいなぁ</font>

こんな記述をしています。これがマークアップ。

他にも

他のページを見せたいなぁ←CLICK

とか

文字を大きくしたいなぁ

など、色々なことができます。

ただし、このタグを記述する場所というものがあって、そこを間違えるとマークアップが反映されないうえに、目印がバレますのでご注意をw

※HTMLタグについてさらに詳しいお話は、また後日レファランス記事を作成したいと思います。

こんな感じ文字や記号をマークアップすることで、文章や画像などの様々な情報がウェブ上で表現され、世界中の方々が誰でも閲覧できるようになる…というわけです。

どうでしょうか??
少しでも理解できましたでしょうか??

ちょっと理解出来たかも?!という方は、ぜひ次回も一緒に学習していきましょう◎

次回は…

今さら聞けないWEB基礎知識『CSSとは』についてです◎